← 新期眼鏡の作成...(G) | TOP | 地引き網…?の体験

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


ドラえもん、名探偵コナン、プロジェクトBBの3本です。 

2007年04月22日 ()
今日は、映画を3本見に行きました。
ドラえもん のび太の新魔界大冒険』と『名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリーロジャー)』と『プロジェクトBB』です。
あまり時間間隔のないまま、3本連続で見てきました。あまり疲れなかったのが意外です。
それはそうと、映画館というものはうるさいものですね。途中から慣れて気にならないのはやはり順応性の高い人間だからでしょうね。

以下内容にはあまり触れませんが、ネタバレです。見たくない人はそのまま回れ右をするか、ウィンドウを閉じてください。

映画のパンフレット(ドラえもん、コナン、プロジェクトBB)

ドラえもん のび太の新魔界大冒険
『伏線がたっぷりの、感動よりもストーリー展開重視』
ひょっとしたことで魔法のある世界にしてしまい、その異現実世界で起こった世界破滅の危機に対抗していく、というのが主なストーリーです。
旧ドラえもんの方は見たことがないのですが、純粋に「ストーリーの運び方がうまいなぁ」と思いました。最初の方に伏線を張り、後の方でその前の判らないところを補っていく…よくある手段ですが、タイムトラベルを含めてやるのは難しいと思います。いろいろな因果関係を考えなくてはなりませんし。
そして、前作のび太の恐竜よりも格段とよくなったと感じました。
ドラえもんでしばしばでてくるタイムスリップによる『タイムパラドックス』がないことは、関心ものです。時間旅行は矛盾をなくすことが難しいと思うのですが…。
ただ、前作よりも感動要素が少なかったです。これは、感動よりもストーリーの展開を重視している結果でしょうね。
私としては『ドラえもん=感動』だったので、少しばかり腑に落ちませんでした。

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリーロジャー)
『毎回通りのちょっと危険な冒険推理』
毛利小五郎に連れられた先でまたもや事件!コナンはこう始まるのが特徴ですね。
今作は前作に比べ、ハラハラドキドキというよりはワクワクドキドキ、といったところでしょう。
一つ気になったのは、ダイビングショップのオーナーはどうなったのか?、ということです。まさか、あのまま終わるとは思いませんでした…どこへ逃げたんだ?
ちなみに、サメは血と動くものに反応するので、下手に動くと危険ですよ!

プロジェクトBB
『少子化対策に役立つ感動アクションムービー』
あるきっかけを元に赤ちゃんの世話をしていくうちに、情が移ったのか、赤ちゃんを守ろうとする!?
正直、今日見た映画で一番どころか、今までで一番いいです。
驚いて、癒されて、興奮して、感動して、考えさせられて…とにかく、とても内容の凝縮された映画でした。
アクションシーンは少なめですが、ジャッキーが好きなら問題はないでしょう。その分演技力に注目です。本気で泣いているシーンがあります…さて、探してみてください。
また、ギャグも健在で、最後にはお約束のアレがついています。最後まで席を立たないことをオススメします。途中にも、たくさん笑いどころがあります。冷蔵庫になんてものをいれてるんだ!というシーンもあります。
もう今週の金曜日で終了しますが、見ていない人で見られる人は、見てください。きっと何かを得られるでしょう。


余談ですが、プロジェクトBBを見ようと映画館に入場したら、隣の席が家族でした。お父さん、妹、弟が居ました…ビックリだよ!
すごい偶然ですよ。私は「空いている席はここしかない」と案内されたもので…。
22:54 エンターテインメント | (1) | (0) | 


 ← 新期眼鏡の作成...(G) | TOP | 地引き網…?の体験

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback


TVCM 30秒バージョン
[ 2007.09.24(Mon) 00:40 ] FantasisTaka
 ← 新期眼鏡の作成...(G) | TOP | 地引き網…?の体験
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。