← 節分と私の部屋 | TOP | 続・これからのマルチメディアの充実に向けて

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


Windows VistaとMac OS X 

2007年01月31日 ()
先日、Windows OSの最新OSであるWindows Vistaが発売されました。
発売当日の深夜0時はすごかったようですね。

私は、夏休み前までに今使っているiMacMac OS XWindows XP か Windows Vista・Solarisをインストールして、デュアルブートでプログラミングをしたいと考えています。
そんななか、ふと、あることが頭に浮かびました。頭上に電球が浮かぶがごとくです。
MacWindowsの機能の差ってどうなんだろう」。
なので、最近やることのない部活の時間を使用してこんな暇つぶしの記事を公開します。


まず、推奨スペックによる比較です。
OSクロック数メモリハードディスクの空き容量
Mac OS X 10.4200~450MHz256MB3GB
Windows XP300MHz128MB1.5GB
Windows Vista(Home Basic)800MHz512MB15GB
なお、Mac OS X 10.4とWindows VistaはDVD-ROMドライブがついていることが必須です。
ほかにもグラフィックメモリやその他の条件もありますが、比較ができないのでできるもののみ抽出しています。

こうみると、Vistaはとてつもなく高スペックを要していることがわかります。Mac OS X 10.4の約2~5倍、Windows XPの約3~10倍ものスペックが推奨です。
逆にXPはとても軽快な動作を見せていたことでしょう。

次は、機能の比較です。
クイック検索ですが、MacのSpotlightと同じものですね。メタデータ(ファイル名やファイルの内容)を検索する機能です。こういう機能がついていると楽なのはずいぶんと使用したのでわかっています。
MacとWindows間の差もあまりないようなので、私としてはうれしいです。
次にIE。
タブブラウザに対応するのが遅すぎだと感じます。しかし、Safari・Firefox・Operaなどのブラウザとあまり変わらないのはこれまた私にとっての利点になります。
ガジェットはウィジェットと同じでしょう。Windows AeroはMacでの場合プログラム開発時に設定しなければならないので、突飛しています。フリップ3DはMacでいうExposéでできますが、グラフィックがきれいなところはWindowsに軍配があがっているでしょう。
フォトギャラリーはiPhotoで同じ機能が使えるのでMacとWindows間の隔たりがないのです。
ただ、Windows DefenderはMacにはない機能で、有料のものにはかなわないにしろ、ウィルスの多いWindowsを使用する際になかなか役に立ちそうです。Macの場合はウィルスの心配がないのでそんなことはどうでもいいのですが。





総評です。
Windows VistaはMac OS Xとほぼ同じ機能を実装しています。
違いといえば、『先に機能を実装したMac』『後から追い上げきれいな画面にしたWindows』でしょうか。
これからOSを選ぶ人は自由に選ぶべきでしょう。しかし素人がLinuxを使うのだけはお勧めしませんよ。
17:07 パソコン | (0) | (0) | 


 ← 節分と私の部屋 | TOP | 続・これからのマルチメディアの充実に向けて

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 節分と私の部屋 | TOP | 続・これからのマルチメディアの充実に向けて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。