← 忙しい! | TOP | 私のWii体験 ~VC編~

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


私のWii体験 ~コントローラー編~ 

2006年12月16日 ()
Wiiを買って2週間が経ちますが、今までとは違う独特のWiiリモコンについてはあまり詳しく触れていませんでした。
ここを見て購入に踏み切る人もいるでしょう。参考程度にご覧ください。↓↓


さて、Wiiリモコンですが、従来のPlayStationシリーズやXboxシリーズ・任天堂のハードのコントローラーのように両手で持つのではなく、リモコン型のコントローラーにて片手で操作するという、前例のないものになっています。
『ヌンチャク』や『クラシックコントローラー』などで拡張することによって従来のゲームのような操作も可能になっています(当然ソフトにもよるのですが)。
しかし、従来のコントローラーのように、大きいもの1つではないので、両手が非常に自由に動かせます。この快適さを体験すると、PlayStationシリーズやXboxシリーズ・任天堂のハードのコントローラーは少し不便に感じるでしょう。

また、ゲームに触れたことがない人やDSからゲームを始めた人のために、Wiiリモコンにはダイレクトポインティング・加速度センサー・傾き感知などの機能が搭載されています。そのため、画面上をマウスでやるように指定したり、Wiiリモコンを持ちながら振れば実際に振ったような感じがしたり、と、直感的な操作によるゲームをすることが出来ます
これにより、今まで「難しそうだなぁ…」とゲームに手を出せないでいた人でも、普段生活するように操作することでゲームが出来てしまいます。切ったり叩いたりドアを開けたり釣りをしたりが直感で出来るのです。
これらは『新世代ゲーム機』ならではでしょう。

そして、実際に体感するので、長い時間やっていると疲れてきます。そうなると、長くゲームをやることが減るでしょう。また、何をやったかが消せない履歴としてWii本体に残ります。つまり、子どものゲームやりすぎによる引きこもりや運動不足を解消するきっかけになるのではないでしょうか。

振り回したりして体感するため、Wiiリモコンがどこかに飛んでいかないようにストラップがついていますが、最近よく切れると話題になっています。
不安な方はよく考えてみてください。携帯電話でもいいです。ストラップを持ち、ストラップを切るように思いっきり振り回してください。切れるでしょうか?製品にはどうしても出来てしまうはずれを引かなければ、まず切れないでしょう。つまり、そういうことです。

まあ、なんだかんだ言っていても他人のことはわからないと思うので、実際にお店で実物を見てみることをオススメします。体験できるのなら恥ずかしがらずにしてみてください。
07:09 ゲーム | (0) | (0) | 


 ← 忙しい! | TOP | 私のWii体験 ~VC編~

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 忙しい! | TOP | 私のWii体験 ~VC編~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。