← 成績開示 | TOP | 19年目突入

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


ドラえもん のび太の人魚大海戦 

2010年03月15日 ()
映画ドラえもんは今年で30周年だそうですね。
25周年を区切りとした声優交代から早5年。早いものですね。
未だにドラえもんの声だけがなじみません。
映画の絵も慣れません。なんで独自路線を走っているのか、私には理解できませんし。

いつも通り、ネタバレ内容は続きから。

昼食はイタリア料理の店に行きました。
店に入った瞬間、「バンビ~ノ!」と「リストランテ パラディーゾ」を思い出しましたw
店内で交わされる言葉がわかりませんが、なんだか心地が良かったです。
エビ(殻ごと)とトマトソースとパルメザンチーズ(かなぁ?)のタリアッテッレを食べました。
エビは普通に殻ごとバリバリ食べて良かったのか、今も疑問です。
サービスでフォカッチャとシフォンケーキとアールグレイティーが出てきて、大満足♪
特にフォカッチャ、こんなにうまいフォカッチャは初めてです。

いろんな店で食べてみるのもいいかも、と思った一日でした。

よく短編でここまで物語を膨らませられるなぁw と感心するところもありますが
やっぱり何かが違うのです。
個人的な意見ですが、ここ数年の映画ドラえもんはすべっている気がします。
「ドラえもん」のキャラクターを使った、他の映画のように思えてしまうのです。
もう見る年ではないのかもしれません。

内容について、ぐだぐだと。

出木杉が初めていじられたような気がしますw
ま、その後出番がなかったのですがw

戦闘終盤のあの考えには驚かされました。
そうきたかー。

全体的にテンポが乱れがちで、そこまで起伏が多くなかったように思いました。
所々で顔芸を挟んだり、冗長な台詞があったりしたのが原因でしょう。
まるで尺稼ぎのようでした。

最後の原作絵がすごく良かったです。やっぱり安心する何かがあります。
そのうち原作絵で映画を作ってくださることを期待しています。
23:37 映画 | (0) | (0) | 


 ← 成績開示 | TOP | 19年目突入

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 成績開示 | TOP | 19年目突入
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。