← 二日前のことですが、名探偵コナンを見に行きました。 | TOP | FINALFANTASY XII ポーション飲みました。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


『THE MYTH/神話』と『ドラえもん のび太の恐竜2006』を見てきました。 

2006年03月23日 ()
今日、映画館へ行って見たかった2作品を鑑賞してきました。
タイトルにもあるように、『THE MYTH/神話』と『ドラえもん のび太の恐竜2006』です。『THE MYTH/神話』はジャッキー・チェンが出ている映画です。『ドラえもん のび太の恐竜2006』は、・・・言うまでもありませんね。
せっかく映画を見てきたのだから、感想を書き綴っておきます。
多少はネタバレとなりますので、別に構わない、または簡単に内容が知りたい、という人のみ『続きを読む』でご覧下さい。
ちなみに下のは映画のパンフレットです。クリックで拡大します。
映画のパンフレット


では、『THE MYTH/神話』から。
古代社会(始皇帝が初めて中国全土を統一した頃)の話で、皇帝からの信頼の厚いモンイー(ジャッキー・チェン)と朝鮮から迎える新たな妃ユシュウ(キム・ヒソン)のストーリーと、考古学者のジャック(ジャッキー・チェン)とジャックの親友である物理学者のウィリアム(レオン・カーフェイ)のストーリーが同時展開していきます。
見ていて、謎(わからない部分)が多いのですが、ストーリーに感動し、アクションにハラハラドキドキし、とにかく面白かったです。
今までの「ジャッキーはアクションと喜劇」という考えを覆されました。
ただ、剣を使ってジャッキーがバッサバッサと敵をなぎ倒していくアクションシーンでは、少し戦慄しました。簡単に『死』という言葉使うべきではないですね。見ていて思いました。
最後のNG集は不覚にも笑ってしまいました。

一方、『ドラえもん のび太の恐竜2006』は、第1作『ドラえもん のび太の恐竜』を新しく作りなおした作品です。しかし、作りなおした,といっても見応えはあります。ストーリーもちょっとだけ付け加えられ、新鮮さを感じました。
ただ、気になったことが2つ。
一つは、アニメと絵が違うこと。今までと今のアニメの絵に慣れてしまっているのか、手を抜いたのか、くだけて描いたのかはわかりませんが、なにより、少し雑なんですよね。古い映画やアニメ等にある黒い線や点みたいなもの、って言ったら伝わるでしょうか。そう言うものが見られるんですよ。ここが少し残念でした。
もう一つは、子供たちが多かったこと。これは映画が悪いのではありません。
集中しようとしていても、くだけて描いているせいか、子供たちの笑いを取ってしまい、笑うんですよ。悪気はない(と思う)のですが、いかんせん集中出来なくて、十分に楽しむことは出来ませんでした。9割8分ぐらい楽しめました。
あと、スタッフロールの後におまけ漫画がありました。その時点で帰っている人がまばら。まあ、それほどすごいとは思いませんが、見たい人はずっと座っているといいです。

もう、多くは語りません。詳しくはご自身の目で確認して下さい。
16:40 エンターテインメント | (0) | (0) | 


 ← 二日前のことですが、名探偵コナンを見に行きました。 | TOP | FINALFANTASY XII ポーション飲みました。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 二日前のことですが、名探偵コナンを見に行きました。 | TOP | FINALFANTASY XII ポーション飲みました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。