← 情報技術検定1級 | TOP | マラソン中止、シスアド賞状授与、2つの吉報。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


Worldwide Developers Confenrece 2007 

2007年06月12日 ()
Worldwide Developers Confenrece(通称WWDC)2007が本日、行なわれたそうです。そこで、次期Mac OS "Leopard" についての情報としていくつかの機能が紹介されました。
その中から、私がとても気になっている機能を、私感を交えて書き連ねていきます。
参考:ITmedia +D PC USER:WWDC'07 基調講演「Leopard」編:ベールを脱いだ“Leopard”――新しい外観、新しいFinderで再デビュー

1、最新OSを導入している割合が67%
WindowsやUNIXでも滅多になかったという67%という最新OSの使用率。つまり、Mac以外のパソコンを使用しているユーザが流れてきたことを示唆しているのではないでしょうか。iPodやiTunesで有名になり、Boot campなどのMac + Windows環境が使用できるということもあり、人気が出てきたと考えるのが妥当でしょうね。生粋のユーザからすれば嬉しい限りです。

2、新しいデスクトップ
床面反射やメニューバーの半透明化は特に感心はしませんでしたが、すごいと思ったのが『Stacks』。最初から収納場所としてランチャーが用意してあるのは、今ランチャーを使用している私からすれば、とても便利な機能です。

3、Quicklook
アプリケーションを開かずに中身を確認できるという機能。画像、動画、PDF、テキストなら今でもプレビューができますが、Microsoft Word/Excelの書類も開けるというのは驚きです。

4、完全64ビット化
WindowsではVistaが一歩先に32ビット版/64ビット版と販売されていますが、あまり64ビットに対応していないのが現状。Windowsも次期OSで64ビットに対応するのでしょうが、Macが先に対応します。64ビットになることで、何百倍も何千倍もそれ以上倍もメモリの読み込み量が増えます。つまり、高速になると。これなら多少無茶な操作(PhotoshopとShadeを同時に開いたり)をしていても大丈夫になるでしょう。

5、Spaces(複数仮想デスクトップ)
私は今、複数の仮想デスクトップを扱うソフトウェアを導入していますが、システム標準で対応するのはとても喜ばしいです。ウィンドウも簡単に別の仮想デスクトップに移動できるのは、今使っているソフトウェアではできなかった機能です。

6、iChat
私は多分使わなさそうなのですが、面白いと感じたのは、半透明になって映される機能。数回使っておしまいのような気がしますが、使ってみたいです。

番外、パッケージ
記事を読んでいる途中では「え、Windowsみたいにいくつかのパッケージに分けるのか?」と思いましたが、結局は1つのパッケージ。少し驚かされました。



最後に。Windows用のSafari(Macの標準ブラウザ)のβ版が公開されたようですよ。高速レンダリングに興味をある方は使用してみては?オススメです。
21:49 パソコン | (0) | (3) | 


COMMENT

承認待ちコメント  -

承認待ちコメント  -

承認待ちコメント  -

コメントを閉じる▲

 ← 情報技術検定1級 | TOP | マラソン中止、シスアド賞状授与、2つの吉報。

COMMENT

このコメントは管理者の承認待ちです
# 11:16

このコメントは管理者の承認待ちです
# 13:00

このコメントは管理者の承認待ちです
# 22:57

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 情報技術検定1級 | TOP | マラソン中止、シスアド賞状授与、2つの吉報。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。